top
T O P エアコンの汚れ 業務用エアコン 家庭用エアコン 会社情報 リ ン ク ブ ロ グ

エアコンは汚れが蓄積している

エアコンを長年使い続けていると、エアコンの室内機の内部には、汚れが蓄積していきます。
この汚れの蓄積は、衛生環境の悪化とともに、エアコンの機能低下をもたらします。
熱交換器
表面全体がカビ・微生物・粉じんでおおわれている。このため正常な熱交換ができないため効率が落ち、エアコンに負担がかかる。また、空気汚染の原因の一つにもなる
送風ファン
ハネに粉じん・カビが積層して風を切ることができなくなるため、ファンとして能力が落ち、風量が減少する
排水受け
冷房・除湿時、常にドレン水がたまっているため、カビやスライムが増殖しやすい。また、多量のスライムは故障の原因となる。
この蓄積した汚れを専門の技術で取り除き、エアコンの機能を回復させ、エネルギーの無駄を防ぎ、衛生的な状態に保つのがエアコンクリーニングの目的です。

エアコンはなぜ汚れるのか

エアコンが汚れる原因は大きく分けて2つあります。外から入ってくる汚れと、中から発生する汚れです。
外部から侵入
空気中のチリ・ほこり/たばこ/排気ガス/油・煙/害虫(ゴキブリ・ダニ等)・ネズミなど
内部で発生
カビ/細菌/微生物(スライム)など

外部から入ってくる汚れは、空気中の汚れによるもの、害虫やネズミなどによるものに大別されます。
空気中の汚れは、パネルの隙間やエアフィルターの目から侵入し蓄積していくものです。
害虫やネズミなどは、壁とパネルの隙間やドレンホースなどから入り込み住処となって、糞や死がいによって汚れていくものです。

内部で発生するものは、カビ・細菌・微生物(スライム)がエアコン内部で繁殖したものです。
これは、冷房・除湿時にエアコン内部で水(凝縮水や結露)ができるため、これらが繁殖する環境ができるためです。
半透明の寒天状のものが、エアコン内部で増殖したスライム。スライムとは、微生物や細菌が繁殖して目視できるまで大きくなったかたまり。

粉じんなどに比べて取れにくいため、エアコンクリーニングでも除去するための専門の技術が必要です。

エアコンの汚れの問題点

エアコンが汚れることによる問題点は機械的な問題と衛生面での問題の2つに分けられます。
機械的な問題
冷暖房能力の低下・電力使用の増大・寿命の短縮・負荷の増加/熱交換器の腐食
衛生面の問題
粉塵の放出・アレルギー物質の放出・においがする

機械的な問題運転効率の低下によるものと、カビや細菌などによって起こる熱交換器の腐食排水不良などがあります。
排スライムの発生によって排水ポンプが機能しなくなり、エアコンが故障したもの

熱交換器の表面(アルミフィン)が汚れると、冷媒(ガス)と空気の間で熱交換(冷やしたり温めたり)がスムーズにできなくなるため効率が悪くなります。
また送風ファンや熱交換器に目詰まりが発生すると、風量が低下するため、やはり効率が悪くなります。
運転効率が悪くなると、室外機のモーター(コンプレッサー)を余分に回さなければならず、その分、電気代が余分にかかったり、寿命が短くなったりします。

熱交換器の汚れ。汚れでアルミフィンが目詰まりを起こしているため大幅な効率低下になっている。


衛生面での問題は、粉じんやアレルギー物質の放出の問題と、においがしたりシミによって美観が悪くなることがあります。
粉じんやアレルギー物質の放出の問題は、近年問題とされている、室内空気汚染の要因の一つで、喘息や過敏性肺炎等に関係しているとされているものです。